アフリカ起業ブログ

 

西アフリカのセネガルで起業中の日本人、山田一雅が、アフリカ(セネガル)のビジネス、民族、貧困、文化、旅行、治安に関するリアルな現状をレポートいたします。

 


「お釣りが無い」が無い社会

【忙しい人のための3行まとめ】

・セネガルでは「お釣り無い問題」でみんな悩んでいる

・モバイル送金サービスは普及しているが少額の支払いでは使われていない

・現金に代わる簡単でスピーディーな決済方法を模索中

 

みなさまこんにちは。JAPON COMMERCEの山田です。

今回は、以前より考えている事業アイデアを紹介します。

 

普段より私は、自分がセネガルでの生活で困っている事をビジネスで解決できないか、と考え続けてきました。

 

たとえば「お釣り無い問題」。

 

日本以外ではよく見られる光景ですが、セネガルでは、小さな日用品店から、大手スーパーまで、至る所でお釣りが不足しています。

これ、実は結構不便でストレスなんです。

銀行やATMからお金を降ろす際は、高額紙幣で受け取る事になりますが、その高額紙幣は商店ではほとんど受け取ってもらえないのです。

 

買い物のたび、

「お釣りが無い」

「そんな大きなお金受け取れないよ」

「●●フラン(自分が出した紙幣や硬貨より少額のもの)持ってる?」

と、支払を拒否される。お釣りを見つけるために自分が動く、相手がどこかで両替してくるのを待つ。そのために数分から十数分、毎回ムダになるのです。

セネガルでは、こうした光景が日常です。

 

セネガルでは、M-PESAのようなモバイル送金サービスが普及しています。公共料金やチェーン店など、ごく一部では送金サービスによる支払いを受け付けていますが、利用客はごくごくわずか(私はほとんど見かけた事がありません)。

こちらはあくまで送金用、として利用されています。

 

支払い手段として普及しない背景には、

・支払時に手数料がかかる場合が多い(そのイメージが強い?)

・操作に時間がかかり面倒

という理由がありそうです。

 

では、どのような手段であれば、セネガルの人々に受け入れられるのか、考えてみました。

 

1.SuicaのようなNFCカード

【マネタイズ】

・端末販売

・加盟店舗からの手数料収入

・NFCカード販売

【メリット】

・支払が非常に簡単かつスピーディ

【課題】

・端末代などの初期費用や、手数料を払ってまで導入する店舗は少ないと予想される

・消費者側も、お金を払ってまでこのカードを購入しない

・加盟店舗が少ないと利便性が低い

【備考】

はじめはチェーン店でのみ利用可能なカードとして導入し、その後加盟店を増やす形で拡げるのはどうか?

サービス利用者へのマーケティングサービスによる収益化の方向に舵を切るべきか

  

2.スマホを活用したアリペイのような決済サービス

【マネタイズ】

・加盟店舗からの手数料収入

【メリット】

・スマホがあれば専用機材の導入不要

・支払が簡単

【課題】

・外でインターネットを利用する人はまだまだ多くない

・手数料を払ってまで導入する店舗は少ないと予想される

【備考】

広告やなどで収益をあげるモデルが作れれば可能性有

サービス利用者へのマーケティングサービスによる収益化の方向に舵を切るべきか

 

 

現在、私は資金が限られているため、こうした大規模な投資が必要なビジネスには挑戦できていませんが、常に「現地の人が困っている事は何か」という視点で、日々アイデアを考えていますし、いつか形にしたいと思っています。

 

以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

次回以降も、セネガルでの活動紹介、ならびに日々感じた事を記して参ります。

引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

JAPON COMMERCE SUARL
山田一雅

【プレスリリース】日本人初*、西アフリカのセネガルで小売店経営を開始

日本企業のアフリカビジネス支援や日本人旅行者向けサービスを行うJAPON COMMERCE(本社:セネガル共和国 首都ダカール 日本でのブランド名「アフリカ商会」)は11月27日、西アフリカのセネガル共和国の首都ダカールにて自社経営小売店「SUPER BOUTIQUE OMOTENASHI 」をオープンしました。食品、飲料、日用雑貨、衛生用品、文房具などを販売します。また当小売店を活用し、テスト販売や顧客反応調査などの市場調査サービスを提供します。

続きを読む

【プレスリリース】日本初「セネガルの旅行ガイドブック」を作り10万人の収入増加に繋げる活動の資金調達をJAPON COMMERCEが開始

 日本人旅行者向けサービスの提供、ならびに日本企業のアフリカビジネスの支援を行うJAPON COMMERCE(本社:セネガル共和国 首都ダカール 日本でのブランド名「アフリカ商会」)代表の山田一雅は、日本初の「セネガルの旅行ガイドブック」を電子書籍として制作し10万人の観光業従事者の収入増加に繋げるプロジェクトの必要資金82.5万円の調達を目指し、10月15日(木)、クラウドファンディングサービス「READYFOR」にてプロジェクトをスタートしました。


・セネガルの旅行ガイドブックを作り10万人の収入増加に繋げたい!

 https://readyfor.jp/projects/senegal-guidebook


本プロジェクトの目標は以下の3つです。

・日本での「観光地としてのセネガル」の認知拡大、魅力啓蒙による観光客増加

・日本人観光客増加に伴うセネガルの観光業従事者10万人の収入増加

・日本人のアフリカへのイメージを変え日本企業のアフリカ進出の第一歩を後押しする


本プロジェクトは一口3千円からご支援いただくことが可能で、セネガルのガラス絵や現地でのホームステイ体験1週間の権利などのリターンを手に入れることができます。ご支援の締め切りは11月29日(日)23時。それまでに目標金額の82.5万円に達した場合のみ、プロジェクトが成立となります。


続きを読む

私がNewsPicksのプロピッカーに立候補を決めた3つの理由と5つの公約

【忙しい方向け3行まとめ】

・立候補の決め手は「推薦」と「アフリカの情報を伝えたいという思い」

・当選したら「アフリカ関連記事の集中pick」「勝手にイノベーターズライフ(全8回)」「セネガルビジネス案件の公開」等をやります

・未熟者ですが何卒よろしくお願い申し上げます


続きを読む

リベリアでエボラ出血熱終息宣言--エボラ出血熱の現状まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

エボラで低迷した現状の観光業の復興に--セネガル大統領が観光ビザの不要化と空港税の削減を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

【お知らせ】FMラジオ番組に出演しました

皆様こんにちは!アフリカ商会の山田です。


4月4日と11日の2日間、FMラジオ番組「お仕事本舗ハッピープロジェクト」に出演いたしました。


近日中に番組の録音がwebにて公開予定ですので、公開され次第お知らせいたします。

続きを読む

【お知らせ】ニュースサイト「ZDNet Japan」で連載を開始しました

皆様こんにちは!アフリカ商会の山田です。

 

TOPページ「お知らせ」欄では記していましたが、このたび世界中で展開するニュースサイト「ZDNet Japan」にて、西アフリカとセネガルに関する連載を開始いたしました。良かったらご覧になってみてください。

 

第1回は「なぜいま西アフリカなのか--知られざる主要国「セネガル」のビジネス事情」と題しまして、アフリカの中で西アフリカとはどんなところなのか、そしてその主要国であるセネガル共和国について記しています。

 

第2回は「ビジネスチャンスを導くセネガルと日本の共通点」と題しまして、「おもてなしの精神」「主食がお米」など、日本とセネガルの意外な共通点について記しています。


第3回は公開次第お知らせいたします。

続きを読む

アフリカ駐在員仕事日記②:セネガルの新聞社編

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

アフリカ駐在員仕事日記①:セネガルの中古品卸売企業編

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

アフリカ結婚式参加レポート--セネガル編

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

格安フランス語留学先としてセネガルをオススメする3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

セネガル観光ビザの取り方と実際取って分かった注意点と豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

テランガ(助け合い)の国、セネガル共和国

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

なぜセネガル?私がセネガル行きを決めた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む